愛車と共に思い出を刻む人生

愛車と共に思い出を刻む人生

 私はトヨタのプリウスに乗っています。

 数年前に購入したのですが、何年経っても色あせる事なく愛し続けられる車とやっと出会えたという感じでしょうか。

 5人乗りなのですが車内は後頭部の席も広々としていて、私とうちの子一人と姉とその子供達2人といった二家族でも充分ゆったりと長時間のドライブが楽しめるぐらいに快適です。

 車内もとても静かなので、いつも子供達は少し車を走らせてヒーリング音楽を流していたらいつの間にかお昼ねしています。

 だから子供達がぐっすり寝た後は、姉と久しぶりにいろいろな話をしたりできるのです。

 そして車内にはあちこちに収納があるので、お菓子やジュース、お茶といった食べ物、飲み物も置けるので便利です。

 主人と私とうちの子の3人で乗る時には、いつもうちの子は後ろで長く横になって寝ています。

 これだけ広いセダンもなかなかないだろうなと大満足しています。

 車で遠出してのドライブっていろいろな思い出を刻めるから、そんな時に活躍してくれる車こそ心から気に入れるいい物を選んでいたらより人生も充実してくると思うのです。

こちら



 チャイルドロックや紫外線防止フィルム、ナビ、車庫入れのためのカメラといった機能が付いているだけで、ストレスを防ぎながら安全に運転したり、快適に車内で過ごせるのです。

 そしてプリウスの車内はびっくりするぐらい静かで、スピーカーの性能もバツグンなので、以前に比べて車内で聞く音楽にこだわりを持つようになりました。

 だから今迄以上に音楽に関心が持てるようになって、趣味もさらに充実出来そうな予感です。

 音楽以外でも、外国語のレッスンにも役立てそうです。

 さらに電話がハンディオフでかけれる機能もあるので、ドライブ中に急に携帯に電話がかかってきても安全に会話をする事が出来ます。

 使いこなせばこなす程、ますますプリウスの魅力のとりこになりそうな予感です。

 いい車との出会いは、良きパートーナーとの出会いに等しいと私は思っているのでした。

 

F1で生み出された大きな技術

リッター辺りの走行距離を延ばすために導入されているシステムがあります。

こちら

これは運動エネルギー回生システムと言われているものですが、スズキのエネチャージと言いかえればわかりやすいかと思います

これらのシステムは、燃費をさらに向上させるために投入されました。燃費が良くなれば走行距離を延ばすことが可能となり、ガソリン代の節約を図ることが出来ます

このシステムはモータースポーツの最高峰であるF1で投入され、その後各自動車会社が普通自動車用に開発したものです

ブレーキを踏むことでエネルギーを貯めこみ、そのエネルギーを駆動に回生することで燃費を向上させることが可能になります。F1の場合はスピードを上げるために利用されていましたが、自動車には燃費改良のために改良されて投入されました

これを投入することによって少なくともリッター3キロ程度の向上が見込めると言われており、実際に回生システムを利用している車は燃費が1リットル30キロに匹敵する数値を叩きだしています

F1から自動車に受け継がれるシステムは数多くありました。その中でも自動車の燃費に大幅な貢献をすることになった回生システムは、多くの問題をプロチームが解決することによって生み出されたものです。

こちら

実際投入初年度は問題が発生し、バッテリーがとんでもない発熱を起こすなどの大問題もありました

今の自動車はハイテク技術が多数投入されています。その技術はF1で使われたものが殆どなのです。回生システムはこれからより多くの車に投入されることでしょう

私が国産の高級車が好きな理由

私は国産の高級車が大好きです。最初に乗った車は、日産のセドリックで今はレクサスに乗っています。高級車の何が良いかと言うと、まずは乗り心地です。本当に走っていて気持ちが良いなと感じさせてくれます。それは、様々なことが要因となっているのでしょうが私としては1番は座席なのではないかと考えています。高級車の座席シートは本当にフカフカの椅子なのです。長時間、運転をしていても疲れをほとんど感じさせません。これは、各社メーカーが考えに考えぬいた設計が及んだものだと思っています。高級車は乗り心地だけではなく、車内の装備も素晴らしいなと思います。国産の高級車ということもあり、内装がとても高級感のある作りになっています。私が乗っていた車は、比較的ウッド調のものが多かったです。ところどころ、ウッド調になっていることで高級感と渋さが出てくるのです。

 また、高級車を何もカスタマイズせずに乗るのも良いと思いますが、私は色んなところをカスタマイズするのが好きです。

こちら

私の中では、高級車はカスタムをすることで、外装がもっとスタイリッシュになると思っています。毎回、車を買い換えた時に必ずやるカスタマイズはスモーク、車高の調整、マフラー、タイヤのインチアップ、フォーンの交換、HIDのバルブ交換などは絶対にします。また、内装のカスタマイズは音響関係は必ずやるようにしています。こだわりとしては、全てカロッツェリアで揃えるようにしています。カロッツェリアは重低音の音を出すのに特に強いと言われており、スピーカーをカロッツェリアにしているので、アンプやウーファー、ヘッドセットは全てカロッツェリアで揃えるようにしています。

 基本的には、カスタマイズする時は一度に一気にやってしまいます。納車したと同時に自分で出来る範囲のことは自分でカスタマイズし、あとは車のパーツショップに持っていくようにしています。カスタマイズされて戻ってきた後は、高級車がさらに磨きがかかってカッコ良くなったような感じになるのです。

 車に乗っているひとなら、それぞれ色々とこだわりがあるかと思います。私も自分のこだわりを捨てずにこれからも車を愛していきたいです。



<<前のページへ   次のページへ>>