特定調停とはどのような手続きですか?

特定調停とはどのような手続きですか?

特定調停は債務整理を目的とした民事調停手続きの一種です。特定調停は今現在返済はできているものの遠くない将来に返済に行き詰る可能性がある人を対象にした手続きで、債務者の債務を整理して経済的な再建を目指します。
特定調停とは話し合いによる解決を目指す手続きであり、申し立てにより裁判所が債務者と利害関係者の間に立って返済条件の緩和や返済期日の再設定などを通じて債務者が無理なく返済ができるような条件での双方の合意を目指します。
要するに特定調停とは裁判所が仲介をして借金を返しやすいようにもう一度話し合いを行う手続きであり、利息負担の軽減などを通じてどうすれば債務者が経済的に破たんせず借金を返せるのかを話し合うのが目的です。

こちら

借金の帳消しなどを目的としたものではないので、あくまでも債務者が借金を返済することが大前提になります。
特定調停では裁判所は仲介役にとどまるため、強制力を持った判決などを出すことはありません。裁判所の仲介でも合意形成ができなければ、特定調停不成立ということになり債務は以前と同じ条件のままということになります。
どうすれば借金を返済できるのかを話し合うのが目的なので、債務者に返済の意思はあるがこのままでは経済的に苦しい、という時に選択されるのが特定調停です。

こちら

借金問題を解決するための任意整理

貸金業者からお金を借り入れていて、返済していくことが困難になってしまった場合、任意整理という手続きを取ることで借金を減額することができる場合があります。任意整理の大きな特徴は、裁判所に訴える必要がない点です。一般の個人が手続きを進めていくことは難しいため、弁護士や司法書士などの法律専門家に依頼することが基本となります。

任意整理を行うことには、メリットだけでなく、デメリットもあることに注意が必要です。きちんと理解した上で手続きを取ることが大切です。

こちら

大きなメリットは、任意整理の手続きが完了すれば将来の利息が免除される点です。利息免除によって、借金の返済が進めやすくなります。また、既に返済した分の中に過払い金があることが分かれば、取り戻してそれを返済に回すことも可能です。

デメリットとしては、ブラックリストに掲載されてしまうため、5年間は借入をすることができなくなる点が挙げられます。また、裁判所を通さない任意の手続きなので、強制力が弱いという難点もあります。

自己破産とは

自己破産とは、借金の返済ができなくなったとき、本当にそうであることを裁判所に認めてもらい、借金の支払義務を免除してもらう制度です。

こちら

借金がすべてチャラになるので、金策に駆けずり回ることもなくなり、督促や取り立ても来なくなるので、その面では生活が静かになります。

ただし、ただでそんなうまい話はありません。引き換えに、いろいろな制限がかかってきます。まず、財産の大部分が返済に当てるために処分されます。次に、自己破産の手続の期間中(3〜6ヵ月間)は、資格を必要とする一部の職業に就くことが制限されます(弁護士、税理士をはじめとした士業など)。さらに、信用情報機関に自己破産をしたことが登録されるので、5〜7年程度は新たな借金やローンを申し込んでも、審査に通りません。

借金返済でいよいよ首が回らなくなったときの、本当に最後の手段です。


こちら-こちら


  次のページへ>>