【体験談】友達にだまされ…

【体験談】友達にだまされ…

私はモビット土日からお金を借りとても苦しい思いをしました。

初めてモビット土日からお金を借りたのは友人の結婚式の日でした。

給料日前でお金がなく友人から2万円を借りて式に出席いたしました。

結婚式終了後、当然の様に二次会に誘われましたがお金が無いとの理由で

何度も断りました。その時、友人から『無人でカードが作れて直ぐにお金が借りれるよ』と言われサラ金は嫌だとカードを作るのも断りました。

その時、友人がその無人キャッシングの中にそして『3万を借りたよ』と言い

現金を見せつけました。一ヶ月の支払いは1万円で30万まで借りる事ができると言う話にぐらぐら来てしまい思い切ってカードを作り借り入れしてしまいました。月1万の返済なら大丈夫と思い安心していました。

最初は一括返済もできましたので給料が入ったら返すの繰り返しで使い勝手がよく借りるのが当たり前の感覚になっていきました。

そのうちパチンコに使い返済野為にと思い競馬で大勝負しそして負けるの繰り返しが始まり月1万円しか返済できなくなりました。

こちら



上限金額まで借りてしまった頃、利息が高いのに気がつきました。

借入金額+利息でかなりの額になってしまい利息のみ支払っている状態になりました。いくら払ってもそれはあくまで利息であって残金が減るものではありませんでした。そんな事は誰にも言えず他の金融会社からお金を借りでの返済となり気がつけば4社にまで手を出していました。それもすべて利息のみの返済になってしまい働いても利息を払う為に仕事しているみたいで嫌になりました。たまたま勤めていた会社が閉鎖になりその時の退職金ですべて一括返済いたしました。今では安定した収入もない為、どの会社もお金を貸してくれなくなりました。借りたくても借りられない状態になりましたの同じ失敗はもうないと思います。

ちなみにお金を借りるきっかけになった友人はやはり返済に苦労したらしく

『二度とカードは作らない』と飲むたびに嘆いています。

こちら

ちょっとした時に便利なモビット土日の使い方

必要な時にお金が足りないという経験は誰にでもあると思います。そういう時にモビット土日で借りるのは少し不安という方もいるかもしれませんが、例えば夜遅くに急にもう一件飲みに行くことになってしまったり、休日に支払いがあったのにお金を下ろすのを忘れていたりといった少額が急に必要になる時には、銀行やコンビニで手数料をかけて下ろすより、モビット土日の方がムダが少ないことがあるのです。銀行の時間外手数料は大体105円程度、休日だとさらに高くなり210円位は取られてしまいます。普段はあまり意識していないかもしれませんが、時間外手数料を合計すると実はびっくりするような額になっている人は意外と多いのではないでしょうか?実はモビット土日であれば、専用のATMコーナーに行くと夜でも休日でも手数料がかからないところが多く、借入をした場合にもすぐに返済をすれば利息があまりかからないので、銀行の時間外手数料よりも安く済むことが多いんです。

こちら

日中仕事が忙しくお金を下ろすのが時間外になりがちという方には時間外の引き落としの代わりにモビット土日を使って手数料を浮かせるという方法をおすすめします。ただし、借りるときは近くのコンビニではなく、専用のATMコーナーで借入、返済ともに行うようにしましょう。専用のATMでは手数料がかからないモビット土日のカードも、コンビニで使えば手数料が発生してしまいますので、便利だからといってコンビニでは使わないようにしましょう。

モビット土日は多くの雇用を生み出している

一時代を築いたモビット土日でしたが、時代の流れとともに、生き残りをかけています。

最近では、銀行と提携、子会社化され、一昔前のモビット土日とイメージも変わってきています。

しかし、よく考えてみればモビット土日もひとつの商売にしかすぎません。それは雇用を生み出しているという意味です。

お金を必要として借りる人がいて、貸すビジネスです。

ビジネスを行っているわけですから、当然利益を出さなければなりません。

こちら

それが利息と言うことになります。

その利息が貸している側の会社や従業員の給料として支払われています。

従って、借りた側の利息があって初めて会社が成り立っていますので、返済する側がその会社や雇用や従業員の生活を支えていると言っても良いのではないかと考えます。

世の中に必要なものを考え、それを利用する人がいるからこそ、それがビジネスになります。

ところが、ここ数年の過剰な貸し付けにより、首が回らなくなってしまった債務者が増えてしまい、ある種の金融バブルが崩れてしまった状況だと考えられます。

世の中のお金を一般市民に回すという意味でも、モビット土日は必要なビジネスだと思います。お金を貸す事でさまざまな分野で消費が増え、その消費がさらなる雇用を生み出すことになります。それがお金を貸さなくなる事で、消費意欲も抑制してしまい、世の中のお金が回らなくなり新たな雇用も生まれずに経済は低迷してしまいます。

お金を貸すビジネスのモビット土日は、経済の活性化に重要なビジネスなのです。



<<前のページへ   次のページへ>>