お得なプロミスの特長について

お得なプロミスの特長について

プロミスは三井住友銀行グループなので、安心してキャッシングできるモビット土日です。

プロミスで扱っている個人消費者対象商品には、フリーキャッシング、女性専用で安心のレディースキャッシング、おまとめローン、目的ローンなどがあります。

メインとなるフリーキャッシングは、金利が6.3パーセントから17.8パーセントと安い他、対象年齢も20歳以上69歳以下と幅広いので人気があります。

また初めての人には30日間の利息無料キャンペーンをしているので、とてもお得です。

最低1万円から最高300万円まで融資可能です。

主婦や学生の人でも、パートやアルバイトで安定した収入があれば融資可能なので嬉しいですね。

申込方法は、店頭窓口やPCや携帯スマートフォンからインタネーットの他に自動契約機でも申し込むことができます。

こちら



契約完了後、指定口座に振込キャッシングをしてくれますので即日融資可能で便利です。

他にも郵送や電話で申し込みもできます。三井住友銀行かジャパネット銀行の場合は10秒で借入可能な瞬フリサービスもしています。

店頭窓口、プロミスATM、インターネット、三井住友銀行、ジャパネット銀行、コンビニ、ショッピングセンター等、借入や返済できる場所も沢山あるので便利ですね。

完済してしまったモビット土日の過払い金は請求できない?

すっかりおなじみになった感のある、「過払い金請求」、昨今では、請求の殺到によるモビット土日業者の破たんも増えているようで、利用者も早くしないと取りはぐれる、といった動きが加速しているようです。

取引途中のモビット土日であれば、5年以上の取引があれば、過払い金と相殺して、残債も完済でき、7年以上であれば、過払いの可能性大、というのが一つの目安だという話もあります。

こちら

5年未満でも、今後払うべき利息が減ることは間違いありませんから、利用者としても早急に手を打って少しでも返済を楽にしたいという心理が働いているのでしょう。

そんな、過払い金請求ですが、完済しても請求ができる場合もあります。

一般に、商業債権の場合は、請求できる期限は2年までということになっているので、売掛金などの回収は2年を過ぎると請求できなくなってしまうケースもあります。

しかし、過払い金の場合、発声の原因が法律の不備に基づくものですから、特例として、取引終了(完済した日)から10年未満であれば、請求ができる、と定められています。

ここ数年、モビット土日業界は、業界再編の動きが激しく、破たんを避けるための吸収合併や倒産が相次いでいて、業者側に記録が残っているかもかなり怪しい状況です。

こちら

もし、過払いが疑われる、10年以内に完済したモビット土日の借り入れがあるのであれば、早急に手続きに着手したほうが良いでしょう。司法書士などの専門家に相談して、早めに回収のために動き始めることをお勧めします。

利便性がアップしたモビット土日

モビット土日は以前よりも、かなり使い易くなり、身近に感じられるようになりました。

以前、モビット土日のCMが流行になり、テレビCMの大半を占めていた時期もありましたが、その時よりも現在の方が使い易くなっているイメージです。

まず、金利のダウン。

以前は25%もしくは、それ以上の金利がついていましたが、現在、モビット土日の金利の上限は18%です。

7%から10%、金利が安くなることによって、返済金額も少なくて済む。

こちら

また、いくら払っても金利の分だけになり元金が減らないなどの恐れが少なくなりました。

利便性がアップしたのは、もう一つ、コンビニでキャッシングが可能となったことです。

以前は、提携のATMが無ければキャッシングはできませんでしたが、現在はコンビニのATMでのキャッシングが可能です。

他の金融機関、銀行などは、23時くらいから翌朝7時くらいまでカードの使用ができなくなりますが、モビット土日系のカードなら24時間利用可能なところが多く、銀行から引き落とせない深夜の時間帯などに急にお金が必要となったときなどは、非常に助かることが多いです。

次の日にでも、銀行からお金を下ろせるようになったら、すぐに返済すれば、利息もほとんどかかりません。

上手につきあって、計画的な借入をする人にとって、モビット土日は非常に利便性の高い金融機関となっています。


ネットキャッシング ジャパンネット銀行


<<前のページへ   次のページへ>>