モビット土日について

モビット土日について

オリックスVIPローンカードに関するコメントです。

オリックスVIPローンカードはオリックス・クレジットが提供している個人向け無担保ローンです。

オリックスVIPローンカードは1987年からサービスが開始された、比較的新しいブランドです。

その特徴ですが「低金利で大型枠」という新しい提案で確固たるポジションを築いたといえます。

主な特徴ですが

実質年率は4.8パーセントから14.8パーセントです。

利用可能枠は最高700万円の大型枠を提供しています。

借入れや返済はいつもの銀行やコンビニエンスストアで可能です。

このようなサービスは最近では銀行系カードローンが打ち出していますが、オリックスVIPローンカードはその先駆者と言えるかもしれません。

オリックスVIPローンカードのコマーシャルはTVと交通広告で見かける事が多いかも知れません。

こちら



メインのキャラクターは篠原涼子が演じています。

篠原涼子は1992年に東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデビューしてから歌手として、また映画やドラマに出演する女優として活躍しています。またコマーシャルにも数多く出演しており、オリックスクレジットへは2006年から出演しています。人気と実力を兼ね備えた女優として常に第一線で活躍しています。

そのような篠原涼子が頼りになる上司の言葉や行動にグッとくる所をオリックスVIPローンカードとイメージを重ねるコマーシャルが展開されています。

ハイスペックpcを買うためにキャッシング

僕は学生の頃から、人と話すのが苦手であまり友達がいませんでした。でも仲のよい友達が一人いました。その友達とはよくゲームの話やアニメの話などで盛り上がっていて仲良くしていました。

こちら

まだ当時はパソコンはあまり普及していなくて、ゲームをする場合は親に買ってもらったゲーム機などで遊んでいました。友達ももちろんゲーム機で遊んでいました。その友達とは今でも友人なのですが、23歳の頃オンラインゲームが世間で流行っていました。それで友達とも、オンラインゲームやってみないかという話になり、はじめようと思い、家にあるパソコンでインターネットで調べてみたら、ファイナルファンタジー11というゲームがどうも面白いみたいでそれをしようと思いました。それを友達にいうと、わかった!でもそのゲームするのにはハイスペックのpcが必要だといわれました。当時ファイナルファンタジー11をやるにはハイスペックなpcが必要だったのです。僕はアルバイトしていたので少しはお金があったのですが、当時のハイスペックpcを買うには20万円ほど必要で、5万円ほど足りなかったのでキャッシングでお金を借りて、何とかpcを買えました。今でも友達とオンラインゲームしています。

こちら

さらにゲームのオフ会などにも参加してたくさんの友達ができました。あの時キャッシングでお金借りれなかったらオンラインゲームはしていなかったかもしれませんのであの時は本当に助かりました。

作る気ないのに、出来てしまうカード

最近は、ありとあらゆる「会員証」「キャッシュカード」に、クレジット昨日が、くっついてくる気がする。

全く作る気がないのにかかわらず、会員証に申し込みをした、新しくネットバンクに口座を開いた、コンビニでメンバーズカードを作った、ガソリンスタンドで、割引カードを申し込んだ、というだけで、全てにクレジット機能がついてくる。

これらのカードは、一般の主婦や大学生でも作ることが出来る。だから、たいした支払い能力がなくても、ほとんど自動的にクレジットカードを持ててしまう、というところが心配な点だと思う。

キャッシングの方法も非常に簡単。最近は、コンビニにある機械からキャッシングができる。

こちら

24時間年中無休で対応してくれるに近い。従って、コンビニまで行くことさえできれば、簡単に現金の引き出しが可能であるということだ。「間違って、引き出してしまった。」なんて事態も実際に発生してるというから、とても怖い。

コンビニの会員証にくっついているキャッシュカードは、口座引き落としでなく、コンビニの自動取引機から、返済の手続きをするものもある。

自宅などに届いた請求書の金額の現金を持って、コンビにまで出向いて、その場で決済を行う。

「最低入金額」なんて項目があって、一見「この金額を入れたら良いのね。」と誤解しそうだが、これは、間違い。

この段階で、利用者が分割払いにしたいのか、一括払いが良いのかを選ぶシステムになっている。

間違えて、最低入金額を選ぶと自動的に利息が載せられてしまう。そそっかしい人には不親切なシステムだといえる。

なんにせよ、しつこいほどに確認しつつ利用するのが安心だといえそうだ。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>