自分に合っている生命保険を知りたい

自分に合っている生命保険を知りたい

自分に合っている生命保険を知りたい。
保険に入ろうとしている人は、必ずこう考えます。

それを知るにはまず、生命保険にはどういった種類があるのかを知る必要があります。

生命保険は大きく分けて、3つに分類できます。

1.死亡保障

2.医療保障

3.老後・貯蓄保障

また、この大きく分けられた分類もそれぞれ細かく内容が分けられます。

A.定期保険

一定の保険期間内に死亡した場合のみ死亡保険金が支払われます。

B.終身保険

一生涯死亡保障が続く保険です。また貯蓄機能も付帯してきます。

C.定期付終身保険

終身保険に定期保険を特約として付加した保険です。

D.変額保険

保険会社の運用実績に応じて保険金・解約返戻金の額が増減します。

E.無選択終身保険

病気の有無にかかわらず誰でも入れる終身保険です。

医療保障とは、病気や怪我の入院費用や治療費用に対して支払われる保障機能の事を言います。

こちら



1:医療保険

病気や怪我等で入院、又は所定の手術をした場合に給付金が支払われます。

2:傷害保険

万一の事故で怪我や死亡した場合、死亡保険金・入院保険金・通院保険金・後遺障害保険金などが支払われます。

3:がん保険

癌により入院、又は所定の手術を受けた時に給付金が支払われます。

老後・貯蓄保障とは、子供の為の教育資金や、老後の生活資金などの中〜長期的な貯蓄機能の事を指します。

1:学資保険

子供の為に教育資金等を計画的に準備するための保険です。親の万が一に備える事もできます。

2:個人年金保険

最近主流になってきている、老後の年金として受け取ることを目的とした保険です。

3:変額個人年金保険

保険会社の運用実績に応じて、年金・死亡保険金・解約返戻金の額が増減する形の個人年金保険です。

4:養老保険

被保険者が一定の保険期間内に死亡せずに満期を迎えれば、死亡保険金と同額の満期保険金が受け取る事が出来ます。

こちら



また、上記以外にも各保険会社によってはオリジナルの保険商品を提案している所もあるので、それぞれ各社のパンフレットなどを貰って検討する事が大事だと言えます。

では、こういった多くの保険内容から自分に合った保険を選ぶにはどうしたらいいのか?

これだけ沢山種類があると迷ってしまいますよね。

最初に悩むのは、掛け捨てにするか貯蓄型にするかだと思われます。

掛け捨てだと、何だか損をしているような気になりませんか?

しかし、その考え方はちょっと待ってください。

掛け捨て保険(定期保険)は、主に死亡保障が中心となっていますが、終身保険と違い安い保険料で大きな死亡保障を受ける事ができます。

10年・20年など期間を定めて保障してくれる物です。

積み立て保険(終身保険)は、一生涯に渡り死亡保障をしてくれるものです。

掛け捨て保険に比べて値段は高いですが、保険料の一定額を積み立てる事で将来の保険金支払いに備える事ができます。

こちら



また、保険料の支払い満了以降も積み立ては増え続けるので、長生きすれば解約金が掛け金よりも多く戻る可能性があります。

掛け捨て、積み立て共にそれぞれ、一長一短の部分があります。

現在の自分の財政状況に合わせて選ぶ事がまず大事です。

また、無駄な特約等はつけないようにしましょう。

変額保険はハイリスクハイリターンの物なので、余程余裕がなければ利用しないに越した事はありません。

保険は将来の不安に対する安心を買う商品です。

自分の未来をじっくり考えて、どうしたいのか、どの商品が自分の考えた将来に合っているのかを見据えた上で、それでも不安が残るようであれば、アドバイザーなどに相談をする事も一つの手です。

一つ一つの内容をしっかり理解をする事が、自分に合った保険を見つける大切な事です。

それを踏まえて、最適な保険を見つけてみましょうね。

死亡保険を考えると家族が見えてきます

「死亡保険」なんて、何だか嫌な響きです。保険金詐欺とか遺産争い、とか何かときなくさい事件の臭いがします。

こちら



しかし死亡保険は大切な家族が路頭に迷わないよう、家族に安心を約束してくれる保険です。

単身者はそう必要ではないかもしれませんが家族を持ったら特に大黒柱の男性は入っておきたい保険です。

女性も共稼ぎは増えている現代、入っておくべきでしょう。

確かに男手一つなら収入面は心配ないと思いがちですが小さい子供がいるとこれまでと同じペースで働けない可能性もあります。

死亡保険は、お葬式代を出してもらえたり、子供の進学費用にまわせたりとメリットもたくさんあります。

掛け捨てならお手軽な保険料で大きな補償が得られるのでとても有意義です。

子供が小さいうちは大きな金額、老後はお葬式代だけでればいいわ、など暮らしに合わせた額を適切にチョイスすることで過不足なく備えることができます。

いろんな保険会社があってどれが自分にあっているのかわからないときはFPが答えてくれるサイトがあるので専門家に相談してみると良いでしょう。知らないと掛け過ぎていたり同じ金額でも補償に違いがあることがあるので得をする可能性があります。



<<前のページへ   次のページへ>>