保険の見直しをして保険料の節約ができた

保険の見直しをして保険料の節約ができた

保険には数多くの種類があります。加入する際には種類の多さや内容の複雑さなどにより、非常に悩ましいです。私は成人を迎えた頃、生命保険に加入しました。加入した時は親の勧めで加入したので、保障内容については詳しく把握していませんでした。それから10年以上の年月が経ち、結婚をして子供ができ、マイホームの購入もしました。そして、家計が苦しい状況となり節約を考えるようになりました。さまざまな収支を調べていく中で、保険料の支払いが大きな負担となっていると感じます。特に生命保険について支払いが高かったです。生命保険の保障内容をはっきりと把握しているわけではなかったので、保険料が適正なのか、保障内容が適正なのか不明でした。そこで、生命保険の内容を調べるために加入している保険取扱店に出向いて話を聞くことにしました。私が加入していた生命保険には、死亡保障のほかに特約としていろんな特約がついていました。

こちら

中でも医療保障の特約がついているせいで、保険料が大きく上がっていることに気づきました。医療保険は生命保険の特約としてつけるケースと、単独の医療保険に加入するケースがあります。現状の特約をはずして、単独の医療保険に加入したとするとどうなるか見積りをとってみることにしました。その結果、単独の医療保険に加入したほうが、保障内容が良くなる上に、保険料も節約できました。保険の見直しをすることは手間でしたが、保険料の節約につながりよかったです。

私の生命保険の見直しの体験談

最近、入っている生命保険の見直しをしました。

保険に入った時に特約で子供の入院保障をつけれると言われたので、つけたのですが、知り合いの人に保険は全員単独で入っていた方が便利と言われたので、相談も兼ねて見直すことにしたんです。

こちら



私の保険は終身死亡保険が基本になっていて定期死亡や三大成人病や医療保険が特約で付けれられるものでした。

今回、子供の医療保険部分だけ解約して、子供も単独で終身保険に入ることにしました。

その保険は子供が大きくなった時に解約しても解約返戻金がありますし、結婚などで大きな保険に入り直す時に下取り出来るので、どちらにしても便利だと思い契約しました。掛け捨て部分の保障の部分と貯蓄性も兼ね合わせたような保険です。

年齢が低いうちに入ればそれだけ毎月の保険料が安くなりますし、私の保険にずっと入っていてもいつかは自分の保険が入る時が来ます。

子供が大きくなって、じゃあ入りましょうという時に下取りできる保険があった方が継続して毎月の保険金が安くなるので引き継ぐ子供も楽だと考えました。子供が別の保険に自分で入った時でも、解約して解約返戻金を受け取れば自分の老後の資金の足しにもなりますよね。

こちら

今回の見直しに満足しています。

最近の体験談契約もハイテク化

生命保険の見直しをしました。

一度10年ほど契約していたものを解約し、

ネット生保に移ったものの、

1ヶ月ほどで契約前にわからなかったデメリットを知り、

新契約を終えました。

会社選びにはもうそれほどこだわらず、

勤め先に来ているところで始めることにしました。

新契約に、家まで来てもらったんですが、その一連の流れで

ちょっと驚き。

今は全てにおいてハンコ使わないんですね。

引き落とし口座も、カードを機械にくぐらせるだけで、登録完了。

これに感動してる私はもう時代遅れでしょうか。

市役所など、いろんな公的手続きで、

こっちが煩わしいものは、相手も煩わしい。

こちら



おのずと方法は簡略化されていくという感覚は

ありましたけど。

確定申告なども今パソコンですしね。

笑い話で、随分前、

保険の営業の方に女性を紹介してもらうときは、

ハンコを持って行かなければいけない、かのような話をしていたことを思い出しますが。

契約申込書も、とにかく全てにおいて、

ハンコは不要でした。

いいですね。

もう40歳になって、生命保険の変更もそろそろ最後かと思います。

今回の見直しを考えている間に、

改めて自分の年を思い知った気持ちです。

まだ独身ですので、それほどの塾考もないですが、

手続きがスムーズに済んで一安心でした。

東京 車売る


<<前のページへ   次のページへ>>