将来の為に外貨型養老保険

将来の為に外貨型養老保険

保険と聞くと生命保険や医療保険が一般的かと思いますが、今、年金開始年齢の引き上げが問題になっている日本では養老保険に加入する人が多くなっています。

養老保険というと、定期預金と同じように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではないのです。

ただ単に、一定の年齢まで積み立てるだけではなく、しっかりと生命保険も補ってくれる養老保険もあります。

これでしたら、年金よりも確実にもらえる保証がありますし、万が一の場合の死亡保障もきちんとついています。

また、養老保険にも日本円での契約と、外貨での契約を選べるものもあるのですが、私のおすすめは円高の今でも断然外貨建ての養老保険です。

(特にドル建ての養老保険が、お勧めです。)

これはなぜかというと、日本円で保険料を支払うよりも、外貨建ての方が利率が高いからです。

長い目で見ると外貨建ての方が安定もしますし、もし円高がもっと進んだとしても、その時にはドルで支払いを希望すれば損はしません。

養老保険ですから、定年退職をした後にドルで支払いを受けて海外旅行へ行けば両替の手数料もかかりませんし、

反対に円安が進んだ場合は円で支払いを希望すれば得をするのです。

こちら



こうやって、自分のニーズに合わせて支払いを選べるのは非常に便利ですよね。

ここまでの話を聞いて、外貨型の養老保険に興味を持って下さる方もいらっしゃると思います。

そして、でも、外貨型だと月々の支払いが面倒そう。と、思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は全く面倒ではないのです。

月々の保険料は、保険会社がその日の外貨の相場を計算して日本円にて支払い額を通知してくれますので、こちらはただ請求された金額を支払えばいいのです。

今まで外貨型の養老保険は難しそうだし、不安が大きいと思っていた方には、是非正しい外貨型養老保険の知識を学んで頂き、明るい将来の為に自分に一番合った養老保険を選んで頂きたいと思います。

進化し続ける保険。あなたの保険はどうですか?

何かあってから初めて有り難みがわかるのが保険。

そしてその有り難みがわかって感謝されたときは、残念ながらよくないことがあった時。

こう教えられたのは私が生命保険の外交員を始めた時でした。

そうなんですよね。保険が役に立つ時は何らか病気、怪我、お亡くなりになられた時だったりするのです。

こちら



だけれど、この悲しい出来事を少しでもやわらげてあげれるのが保険なんだよと教えられました。

生命保険も今や進化し続け、残された家族だけじゃなく、本人が生前に受け取れるもの、病気だと診断された時に、しっかりと治療が受けられるように、まとまった一時金が受け取れるものが沢山出ています。

例えば死亡保険金のうち、被保険者本人が介護認定を受けたとき、毎年保険金を受け取れるものもあります。

また、癌や成人病等の診断を受けたときに、一時金として、まとまった保険金受け取れるものがあります。

これらがあると、被保険者本人が治療に専念できたり、前向きに病気と闘う事が出来ると思うのです。

そして先進医療に対応したものも多く販売されていますし、医療の進化と共に、入院日数も短くなっている為、四日以上の入院からしか支払いがなかった特約も日帰り入院から、しかもまとめて数日分受け取れるものが出来ています。

どうしても保険の勧誘というと敬遠しがちですが、知らないとそんする事も山のようにあります。

昔に入っているから大丈夫。とずっと見直ししないままでいる保険に加入したままの方も多いと思いますが、その保険内容で本当に大丈夫なのでしょうか?

今は色んな会社の保険を取り扱う窓口でファイナンシャルプランナーがアドバイスしてくれるところもあります。

こちら



これを機会に一度相談、見直しをしてみてはいかがでしょうか?

いつ何が起こるかわからない・・・そんな人生に備えるのが保険!

30歳の時に生命保険を解約した

理由は夫の浮気が発覚したから。
私に万が一のことがあった時に、夫に死亡保険金が入るのかと思うと、我慢ならなかった。
今思うと、受取人を自分の親に変更する方法もあった。

でも、浮気されて自尊心を傷つけられ、冷静な判断ができなくなっていたのだと思う。
その後、夫婦関係を修復し、子供も生まれ、それなりに幸せな日々を送れるようになった。
だから、自分が病気になったら、保険ではなく夫に何とかしてもらえばいいと思い、再び保険に入ろうとは考えなかった。

そして今、私はそのことを後悔している。
夫の浮気を乗り越え、夫婦関係は強固なものとなったと思い、私は自分の人生に対してあまりに無防備になっていた。
あれから15年、結局夫は私と子供を捨て、家を出て行ってしまった。
今回は浮気が原因ではないが、結局家庭をもつタイプの男ではなかったのだ。
私の考え方はあまりにも甘かった。

こちら



人生で最悪のことに備えるためのあるのが保険なのに、自分は大丈夫という根拠のない自信から、最悪の事態を想定することなく生きてきて最悪の事態に陥ってしまった。
若い頃、自分の死亡保険金が自分を裏切った夫に入るのが許せないという浅はかな意地を張ってしまったがために、いい年になって身動きがとれずどうしようもなくなってしまった今、将来の不確定な不安に怯えることになってしまった。

今後自分になにかあった時、自分はともかく愛する子供に迷惑がかかると思うと、申し訳なく切ない気持ちに打ちのめされる。
今更ではあるが、今の自分の状況に必要な医療保険と生命保険に加入した。
保険会社の担当者は私の境遇を理解し、親身になって保険を設計してくれたので感謝している。
しかし、その手続きをしながら、私は自分の無防備さが情けなく、後悔してもしきれないと思った。

人生は本当にいつ何が起こるかわからない。
私は調子がいい時、愚かにも、それが一生続くという幻想に浸っていた。
もちろん幸せが死ぬまで続く人はいるし、そういう人のほうが多いのかもしれない。
しかし、保険とはまさに万が一の不幸に備えるためのものなのだ。
その万が一が自分に起こった時のために、侮ることなく、真剣に保険について考えるべきだと、私は多くの人に伝えたい。

大阪 車買い取り
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>