加入できる保険があれば加入したい

加入できる保険があれば加入したい

今になって思うことですが、保険って本当に大切だと思います。

自分は、保険に入っていなかったために、とんでもない苦労をしています。

というのも、自分が重い病気にかかってしまったからです。

病気にかかってから後悔しても遅いってことでしょう。

本当は、生命保険に入っていたのですが、途中で解約してしまいました。

少しでも生活費に回そうと思ったからです。

それがいけなかったのでしょう。

少しの無理は承知で生命保険を継続していたら、今みたいに苦労はしていません。

自分だけが苦労ならまだわかりますが、結婚をしている相手にも苦労をかけてしまっています。

この先も、自分の病気はどうなるのかわかりません。

そんなことから、自分でも入れるような保険に入りたいと思っています。

今や保険っていろんなものがあります。

沢山あれば自分が加入できるものもあるでしょう。

こちら



できれば生命保険がいいのですが、もしかしたらそれは難しいのかもしれません。

以前に、持病を持っている人は生命保険には入ることができないって、保険のプロに言われたことがあります。

あれから数年経過しているので、少しは希望があるかもしれません。

保険って、生活に少なからず負担をかけてしまいます。

一生支払っていくようなものですから、その掛け金を何十年と支払っていくと、かなりの額になります。

それでも、保険に加入していないと、自分みたいに損をすることもあるので、

できることなら加入していたほうが、安心できます。

生命保険の必要保障額は、あなたの家庭にあっていますか

現在、保険に関する情報は、世間にもネット上にもあふれています。

各社が、様々なサイトで情報を発信していますので、

かえって消費者は、情報の多さに迷っているのが、現状ではないでしょうか。

こちら



生命保険各社のホームページには、必要な保障額をシュミレーションするソフトが用意されています。

自分の家庭の、家族状況や年齢、職業、子供の数、また、生活費用などを入力して、

いざという時に残された家族の生活を守るために必要な保障額を、自動計算するものです。

ただし、会社によって計算の仕方や、必要保障額の考え方が異なるために、

計算された金額が、大きく違ってしまうこともあるようです。

本当に、自分の家庭に合った必要保障額を求めるのであれば、

現在の、収入と支出の詳細な家計状態や、

子供の入学・就職の時期だけでは無い細かいライフサイクルの設計が必要なのです。

例えば、家計の中心であることの多い、御主人の転勤や、単身赴任、

余り考えたくはありませんが、突然のリストラや早期退職、会社の倒産、

または、予測できない夫婦の危機での別居や離婚など、大きな変化の可能性まで、考慮しなくてはいけません。

こちら



考えだしたら、きりが無いように思いますが、このような点も頭に入れておかなくてはなりません。

ただ、ここで大切なのは、万が一の事態を考えての保険が、

現在の家計を圧迫してしまうものであっては、元も子もないということです。

シュミレーションではじき出した必要保障額が、あまりにも大きく、

保険料が高額になってしまうということになれば、むしろ現在が危機に陥る訳です。

そのためにも、生命保険は、生活とトータルで見直してくれる専門家に任せるのが安心なのです。

女性の生命保険

女性の社会進出が始まる前は、女性の生命保険の重要性はあまり関心を持たれることはありませんでした。働き手の男性の生命保険は、いざという時の家庭生活を守るため、必要という意識も高いものでした。男性の生命保険は、保障額も高く、毎月の保険料も高額になり、家計への負担も小さいものではありません。それに比べ女性の保障は、医療保険など、病気にかかった時の入院費用などを保証するタイプが中心でした。

こちら

男性の生命保険が、掛け捨て型の定期保険なのに対し、女性の保険は、どちらかというと積立型の終身タイプが多かったようです。しかし、女性の社会進出が進み、女性の収入が家計に占める割合も高くなったことから、女性の保険の必要性が見直されることになったという訳です。確かに、共働きの家庭が増え、男性の収入より女性が上回っている家庭も少なくありません。専業主夫などという言葉もできる位なので、当然の結果なのかも知れませんね。そこで、女性の保険も見直しが必要になってきています。家計を支える割合に応じた保証額が必要なのですから、入院保障などに重きを置いた医療保険では、いざという時の、保障額が充分とは言えません。また、結婚や離婚、それに伴いどのように仕事をしていくかによって、必要な保障額に変化があるのが、女性の生命保険の特徴になります。今の、生命保険は男性主体で出来ているものが多い為、女性の変化に富んだライフサイクルには合っていないように感じます。生命保険ももっと進化し、女性に優しい、女性の自立の為の生命保険に変わっていくことを期待します。



<<前のページへ   次のページへ>>