おまとめローンを上手に利用して借金の減らす

おまとめローンを上手に利用して借金の減らす

おまとめローンとは、複数の金融業者からの借り入れをまとめて一本の借り入れにする金融商品です。複数の金融業者から借り入れをしていると、返済日や金利がバラバラであることが多く、借金や返済の管理が大変ですが、おまとめローンを利用するとその管理が格段にやりやすくなるメリットもありますが、上手に利用すれば借金の返済額を大幅に減らすこともできます。
もちろん、おまとめローンを利用しても借金の元本の総額が減るわけではありません。借金の額が減るというのは完済までの総返済額が減らせるということです。
金融業者から借り入れは少額であるほど、適用される金利が高いですが、複数の借り入れをまとめることのよって高額の借り入れになるので、適用金利が低くなるのです。

こちら

金利が低くなれば総返済額は減ることになります。
ただし、金利が低くなってもその分返済期間が長くなってしまえば総返済額が減らなかったり、下手をすれば増えたりするので、返済シュミレーションなどを利用して返済計画も練りなおす必要はあります。

リボルリング払いのメリットデメリット

リボルリング払いと分割払いは全く異なるものです。
あらかじめ、クレジット会社と「毎月の支払い額」というものを決めておきます。

こちら

そして、買い物をしたら、その額に関係なく、最初に決めた支払い額だけを支払っていくというものです。
総利用額が10万円になっても、20万円になっても、期間が伸びるだけで、支払い額は一定なので、家計を圧迫してしまう危険性を避けられるメリットがあります。急な出費があったとしても、翌月に高額請求が来る心配がないので安心です。
しかし、その反対に、残高がいくらなのか把握しないまま、借金ばかりが増えてしまうというデメリットがあります。毎月の支払い額を収めても、その中にどの支払い分が含まれているのかということも把握しづらくなってしまいます。
また、借りれば借りるだけ支払期間がどんどん延長されていくので、期間が伸びれば伸びるほど、支払額に占める利息分も増えてしまいます。

こちら

そのため、支払い終わったあと確認してみると、支払総額が思った以上に大きくなる危険性もあります。
リボルビング払いはとても便利な制度に変わりはないので、利用する際はきちんと計画を立てることをお勧めします。

クレジットカードの現金化って何?

クレジットカードの現金化とは、詳しくいうと「クレジットカードショッピング枠の現金化」のことです。手口は、現金化業者からクレジットカードで例えば10万円の品物を買い、すぐにその品を10万よりもはるかに安い金額で買い取ってもらい、現金を手にする方法です。

こちら



翌月以降に来るカードの決済日にはカード会社に10万円を払わないといけないので、差額は損することになりますが、サラ金から借金するときの利息のようなものだと思って利用する人がいます。たしかにサラ金で面倒な審査を受けなくても、すでに持っているクレジットカード一枚ですぐに現金が手にできるので、たとえサラ金の利息より高くても、便利な仕組みなのかもしれません。

ただしこのようなカードの利用法はクレジットカード会社は認めていません。カード利用規約違反となり、強制退会等のペナルティを受けても文句がいえません。カードの現金化は絶対におこなってはいけません。後々のことも考えて、安易な借金の方法はつつしむべきです。

即日受取クレジットカード
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>